ばってん爺じのブログ

年を重ねても、尚好奇心旺盛な長崎の爺じの雑感日記。長崎の話題を始め、見た事、感じた事、感動した事などを発信。ばってん爺じのばってんはバツイチではなく長崎の方言

五島で知り合った若者達

この夏、五島に遊びに来ている若者と交友する機会があった。

3人のグループで今年の3月に高校を卒業した若者である。

 

3人のうちの1人は調理師専門学校に通っている学生さんである。彼は今年の4月から調理師専門学校に通っていて、2年間通学するらしい。料理人になろうと思った理由をきくと、彼のお父さんはホテルのシェフをやっていて、父親の仕事に憧れたという話であった。また、それとは別に、小学生の頃から料理を作ることに興味を覚え、母親がコロッケを作るときなどは、男の子ながら、進んでお手伝いをしていたということであった。料理をすることが好きなので料理人になりたいと思ったとも言っていた。将来は父親と協力してイタリアンの料理店を持ちたいという夢を語っていた。

 

 

もう一人の若者に、君も学生ですか?と尋ねるとそうですという。何を勉強しているのですか?とさらに尋ねると、バレエですと言う。バレエというと女性を想像してしまうが、男性のバレエダンサーである。バレエをやろうと思ったのはなぜですか?と尋ねると、「私は小さい頃から劇団に所属して演劇や歌やダンスをやっていました。私は大きくなったらミュージカルに出たいと思って歌やダンスを熱心に練習していました。小学3年生の時に変声期で声が出にくくなった時があり、その時ミュージカルをするためにはダンスの基礎としてバレエを学ぶことが重要ということを知り、バレエの練習を始めました。ミュージカルの基礎として始めたバレエだったが、バレエの魅力に取り憑かれバレエにのめり込んでしまいました。高校3年生の時、東京でバレエのコンクールに出場して優勝しました。その優勝をきっかけに、ハンガリーの国立バレエ学院から留学の招待を受けたので、今年の9月からハンガリーの国立バレエ学院に留学しますということであった。彼がいつの日か世界の舞台で日本人バレエダンサーとして活躍するのを期待したい。

 

もう1人の若者にも、今何をしているのかを聞いた。彼は現在、将来の進路について思案中ということであった。その彼が、今年5月、東京で体験した話を聞いた。

彼は今年5月、東京に住む親類の家を訪ねた。その折、新宿に遊びに行ったとき、新宿で男の人に声をかけられた。その男の人はホストのスカウトをする人で「あなたはホストにふさわしい素質があるのでホストの仕事をしてみたらいかがですか?お金稼げますよ。少し時間とれませんか?」と声をかけられたということであった。確かに彼は綺麗な顔をした魅力的な優男である。そのスカウトの話としては「ホストの仕事は女性に擬似恋愛を体験させる、いわば、夢を売る仕事である。夢を売るというのは、実は嘘を信じ込ませるということでもある」という話だったらしい。そしてホストの会社に提出する誓約書に、「お客様とのトラブルから死傷に及ぶ被害が(契約者に)生じても、会社はその責を負わない」などの一項があり、その誓約書を見て、自分にはホストはできそうにないと思い、断ったと言っていた。

 

今年高校を卒業した若者がそれぞれの道を歩み始めている。夢に向かって真っ直ぐに歩む者もいれば、社会の汚濁の中に巻き込まれそうな者もいる。人間社会にはいろんな仕事があるだろう。

若者よ!お願いだから、どうか、「人を騙すことを職業にする」ということだけはしないで欲しい、と強く思う。

心字が池 お屋敷訪問

f:id:battenjiiji:20190724150403j:plain

心字が池 隠殿


心字が池を周遊していると大きな屋敷を正面に見る。このお屋敷は五島家第三十代藩主・盛成公が建てた隠殿(隠居所)としての邸宅である。このお屋敷も見せていただけるということで、有り難く殿様のお屋敷を拝見させていただいた。

 

f:id:battenjiiji:20190724160342j:plain

全正 辞世の句


屋敷に案内されて入っていくと玄関の間に通された。さすがに広い玄関の間である。そこには、「心字が池庭園」を設計した全正の辞世の句が書かれた大きな屏風があった。

全正は京都の学識深い僧侶であったが、京都の色街で名を馳せ、破戒僧として遠島の刑を受け、五島に流されてきた。五島藩主は全正の造園に関する造詣の深さを認め、全正に命じ庭園を造らせた。全正は「心字が池庭園」完成2年後、五島で死去したといわれる。

 

f:id:battenjiiji:20190724193116j:plain

亀の間

お殿様が客人を接見した隠殿の客間である。盛成公が特に好んだ亀を釘隠や欄間に施している。障子の桟は奇数を陽とする中国の思想から七・五・三で作られている。

 

f:id:battenjiiji:20190724201618j:plain

梅の間

奥座敷である梅の間は、壁の唐紙模様、釘隠、欄間彫刻はすべて「ねぢ梅」の紋が用いられている。

 

f:id:battenjiiji:20190724202921j:plain

屋敷内の各部屋の見通し

f:id:battenjiiji:20190724211737j:plain

梅の間から「心字が池」を見る

f:id:battenjiiji:20190724212842j:plain

堪忍灯篭がある、水盤が珍しい中庭

f:id:battenjiiji:20190724213900j:plain

月を模した丸障子が設けられた化粧の間

お殿様の隠居所である隠殿を見せていただいて、細部にこだわった作りに感銘を受けた。釘隠しには亀、梅、兎などを場所により使い分け、壁紙に当時は珍しいものであった雪の結晶を用いた斬新な模様が用いられていたのには驚いた。お殿様が専ら風月を友として過ごされたお屋敷を直に拝見し、風流の余韻を味合うことができた。

私も風流人として生きたいものだ。

五島氏庭園 「心字が池」

 

福江城の城内には、昔お殿様が子息に家督を譲って、隠居された時の邸宅とそのお庭が残されているということで見学させていただいた。そこは「五島氏庭園・心字が池」として国指定名勝の指定を受けている場所であった。

f:id:battenjiiji:20190723090215j:plain

五島氏庭園・心字が池

五島氏庭園は五島藩第30代藩主 盛成が、京都の僧全正にお庭方を命じ作らせたものである。林泉回遊式日本庭園で、江戸時代の伝統的日本庭園の好例であるとともに、溶岩や南方系植物など地方の特色ある風土が加味された貴重な庭園であることなどから、国指定名勝の指定を受けることとなった。

f:id:battenjiiji:20190723092014j:plain

堪忍灯篭 藩主盛成公筆

回遊式庭園なので、お庭を巡ってみると、まず最初に目に入ったのがこの石灯篭である。この石灯篭の設置向きはお庭の方でなく、屋敷を向いている。回り込んで正面から見てみると堪忍と刻まれていた。この堪忍の書は藩主盛成公の直筆ということであった。盛成公が立腹したとき、この石灯篭を見て自重したのではないかと想像すると、藩主の人となりが偲ばれる。

 

f:id:battenjiiji:20190723130215j:plain

金明竹

説明文に「文久年間、造園の折、中国福建省より移植された竹で金明竹という」とあった。今から160年以上前、この庭園を造るときに中国からわざわざ取り寄せた、そのこだわりに驚嘆する。

 

f:id:battenjiiji:20190723172431j:plain

庭園の一隅に造られた忍び通路の「抜け穴」。異変があった場合、殿様の安全を確保するための抜け穴が造られていた。

 

f:id:battenjiiji:20190723194102j:plain

「この五重の塔(石灯籠)は、第二十代藩主、純玄公(すみはる)が文禄の役に、軍船十七艘、属船八艘に分乗し総勢七百余人を率いて出兵し、小西行長軍に属しその先手となり軍功を収めた。その記念として備えられた」と案内板にある

 

f:id:battenjiiji:20190723200300j:plain

この大楠は樹齢八百五十年を超えると推察されている。福江城が築城される以前より、この地を見守り続けている。五島家の御神木として奉られている。

 

f:id:battenjiiji:20190723202734j:plain

「心字が池」は心の字を象ってつくられたため、この名前が命名されたそうだ。築山や中島が池の周りに配置され変化があって楽しい。また男女群島から移植した「オオタニワタリ」や「ビロー樹」などの亜熱帯植物が繁茂している様子や庭石に五島の溶岩石を用いているのも五島ならではの風土が加味されていて面白く思った。四季折々の変化も楽しんでみたいと思う。

 

山本二三美術館へ行く

f:id:battenjiiji:20190722132415j:plain

五島の雲 山本二三美術館


福江の武家屋敷通りを歩いていたら山本二三美術館という案内を発見した。山本二三さんは五島出身とは聞いていたが、福江に山本二三美術館があるとは知らなかった。早速、美術館に行く。

山本二三さんは1953年五島生まれのアニメーション美術の創造者であり、アニメーション監督である。宮崎駿作品の多くに美術監督や背景として参加している方である。

 

f:id:battenjiiji:20190722132939j:plain

山本二三の机周り(仕事現場)

館内には山本二三さんが描いた作品がたくさん展示されていた。どれも宮崎駿作品に出てくる場面などで日本人なら見たことがある作品ばかりである。アニメーションが作成されていく中での美術監督の役割をアニメーション作成の過程を示しながら詳しく説明がなされていた。アトリエコーナーでは山本さんの仕事現場が再現されていた。

 

f:id:battenjiiji:20190722133424j:plain


アトリエコーナーの壁にはトトロが住んでいそうな奥深い森の中が描かれていた。木の根元は雨による水たまりができていて、光がさし込んでいる。細部にわたり、丁寧に仕上げされた作品は見るだけでその場の温度、湿度、音などが感じられる。

 

f:id:battenjiiji:20190722134724j:plain

f:id:battenjiiji:20190722135017j:plain

f:id:battenjiiji:20190722135223j:plain

f:id:battenjiiji:20190722140732j:plain



隣の展示室「空と雲の部屋」には壁だけでなく床も天井もすべてをキャンバスに使い作品が仕上げられていた。

 

f:id:battenjiiji:20190722135927j:plain

特別展として、五島出身の漫画家ヨシノサツキさんとのコラボ展が開催されていた。山本二三さんの五島百景を背景作品としてヨシノサツキさんのばらかもんが活躍する楽しい作品が多く展示されていた。

 

それぞれの分野で日本を代表するような活躍をされている、アニメーション監督と漫画家のお二人の作品を見て、その豊かな表現力に感動を覚える。自分の思い描くすべてを自由自在に表現できる技術は本当に素晴らしいことだと思う。お二人の作品を見て、それ以上に、このような豊かな創造力はどこから生まれるのかという驚きを強く感じる。無から有を生む創造力、想像力、イメージ力などの豊かさをどの作品からも強く感じる。試験に合格するための記憶力を磨くような学習しかしてこなかった自分には創造力など皆無だし、作品を見て回りながら創造力に驚嘆するばかりであった。創造力には届かないにしても、良いものを見ることが良い刺激になって豊かな感性に繋がることを願いながら作品を見て回った。

福江散歩(1)

f:id:battenjiiji:20190721160448j:plain

赤ピンから矢印にすすみ赤ピンまで戻るコース。距離5.40km、上昇高度15m、所要時間3:20:58、天気曇り、温度26度、湿度89%

昨日は台風5号が五島に接近したため大雨となり、五島地方は警戒レベル5という警報が発表された。昨日は五島地方の一部では崖崩れなどが発生したが、私が住む大浜地区は幸い何事もなく過ごすことができた。今日も雨という予報であったが、曇ってはいるが、雨は降りそうにないので福江市内の散歩に出かけることにした。自宅近くはよく歩くが、福江市内は未知のところが多く楽しみである。

f:id:battenjiiji:20190721164402p:plain

福江は 五島市の中心地で人口約27,000。五島市の人口が約37,000であるから人口の約70%がこの福江に集中している。

福江はこの地を治めた五島藩が城を構えた場所であり昔から行政、文化の中心地と栄えた町である。

 

f:id:battenjiiji:20190721170053j:plain

海の玄関 五島港ターミナル

五島に来るためには海の便か空の便を利用することになる。今日は、海の玄関である五島港ターミナルへ行く。ターミナルの前には歓迎の立て看板が立てられている。もちろん、最近は外国のお客さんが多いので、立て看板は英語版、韓国語版、中国語版そして日本語版四つがたてられている。

 

f:id:battenjiiji:20190721171208j:plain

福江ー久賀島間連絡船 シーガル号

福江港からは長崎行き、博多行きなどの航路とともに五島近辺の島々への連絡船が数多く出入りする。ターミナル埠頭を歩いていたら、隣の島である久賀島とを結ぶ連絡船シーガル号が入港してきた。連絡船は通勤、通学、通院、買物など島民の足である。

f:id:battenjiiji:20190721191440j:plain

常灯鼻

福江港の港の中に昔の防波堤があり、その先端には灯台があり常灯鼻(じょうとうばな)と呼ばれている。この常灯鼻は福江城を築くにあたり、城の北東からの大波を防ぎ、築城工事を容易にするために築かれたものである。

灯台部分は石工技術の発達した江戸末期の造りだけあって、築造から160年以上たった現在でも激しい波風に耐え、出入りの船舶を見守り続けている。

 

f:id:battenjiiji:20190721175644j:plain

福江城外堀

f:id:battenjiiji:20190721180551j:plain

福江城 蹴出門 五島高校の学生は登下校にこの城門を利用する

港から真っ直ぐ山手の方に進むとお堀に出る。これは福江城のお堀である。福江城は

日本で一番最後に作られたお城(一番新しいお城)である。鎖国政策の江戸時代末期、異国船がたびたび通商を求めて来航するようになり、五島藩に海防のための築城が許可され江戸時代末期の文久3年(1863年)に築城された。この城は城壁の三方を海に囲まれた日本唯一の海城であった。

しかし、築城後五年で明治維新を迎え、さらに明治4年(1872年)廃城の措置がとられ、天守閣などは解体された。存在わずか9年間の幻に近いお城である。しかし城壁など城址として面影をとどめている。

現在は本丸跡に県立五島高校、二の丸跡に五島観光歴史資料館、図書館、文化会館が立ち並び五島市の代表的な文化ゾーンとなっている

 

f:id:battenjiiji:20190721182419j:plain

f:id:battenjiiji:20190721184511j:plain



お城ができたらその周りに城下町ができ、そこには、武家屋敷通りがあるはずだと思って、お城の周りを歩いていくと武家屋敷通りの案内があった。ここの武家屋敷通りの石垣の特徴は石垣塀の上に「こぼれ石」といわれる丸い小石を積み重ねている点である。一説には外部からの侵入を音で知らせる役目とか、いざという時の武器として使うためとか言われている。

 

 

f:id:battenjiiji:20190721192224j:plain

明人堂

五島列島は日本の最西端に位置し、中国大陸に最も近く、古くから大陸との交流を行ってきた。天文9年(1540年)明国人王直が通商を求め福江に来航した。五島藩主は通商を許し、城下の一角(現在の唐人町一帯)を居住の地として与えた。明人堂は王直らが航海の安全を祈った廟堂跡地であるといわれている。 

 

今日の散歩は興味を引かれることが多く寄り道ばかりしていた。5kmほどの距離を3時間以上要したのもそのためである。興味を引かれたことについては別の機会にご報告したい。五島がますます好きになった。

安倍総理演説ヤジ排除と特高警察の誕生

 

 

昨日はとても嫌なニュースが二つあった。一つは京アニの放火殺人事件である。殺人事件というより放火無差別テロと読んだほうがいいかもしれない。日本のアニメ文化の中心的な存在といってもいいほど評価の高い会社が襲われ、何一つ罪もない優秀な社員の方が犠牲になった。世界各国から悲しみの声が届けられている。この惨劇に巻き込まれた被害者の方のことを思うと言葉も出ない。

 

もう一つのとても嫌な出来事は安倍総理の演説中のヤジ排除のニュースである。このニュースは京アニのニュースに劣らないくらい最悪のニュースである。

 

ニュースを読むと

安倍晋三首相が札幌市中央区で7月15日に参院選応援のため街頭演説した際、「安倍辞めろ」などとヤジを飛ばした男女数人が、演説現場から北海道警に排除された。周囲の支持者とのトラブルはなく、安倍首相の演説が中断されることはなかった。道警警備部は「トラブルを未然防止するためで対応は適正」と説明するが、専門家は「過剰警備と感じる」と話している。」

 

「安倍首相は同日午後4時半ごろ、JR札幌駅前で選挙カーに登壇。「安倍総理を支持します」と書かれたプラカードを掲げる支持者らを前に演説を始めた。すると、数十メートル離れた場所から若い男性が「安倍辞めろ」と連呼し、警備していた制服姿の警察官数人が男性を取り囲み、後方に引き離した。「増税反対」などと叫んだ女性も、私服姿の警察官数人に囲まれてもみ合いとなり、排除された。」

このほか滋賀県でも安倍総理にヤジを飛ばした男性が押さえ込まれるという動画も流れていた。

安倍総理をヤジったら警察が飛んできて排除することが全国でおきているようだ。

 

このニュースを見て、日本もとうとう戦前と同じ状態になってしまったかと暗澹たるおもいになった。戦後、民主国家成立と同時にスタートした民主警察は終わり、7月15日の札幌での出来事は、私にとって民主警察が戦前の特高警察に変身した記念すべき日となった。

 

戦後多くの総理が誕生した。どの総理の時代においても民主主義国家建設のため多くの努力が払われた。そして営々と努力を積み重ね、今日の民主主義国家日本を築き上げてきた。

その民主主義をいとも簡単にこれほどまでにぶち壊した総理は今までいなかった。そのような安倍総理を支持している人、安倍総理が率いる自民党を支持している多くの人たちがいることも知っている。その方たちは安倍総理のヤジ排除について文句は言わないだろう。

しかし、私は民主主義国家日本の国民として、特高警察に睨まれても安倍総理は絶対支持しない。これまで以上に批判する。ヤジも飛ばす。彼が政治家をやめるまで批判する。そうしなければ、日本の民主主義は根こそぎ潰されるだろう。

 

民主主義は、国民の、国民による、国民にための政治であるが、安倍総理の政治は、安倍一派の、安倍一派による、安倍一派のための政治である。そのような政権運営について、当然、国民は反対意見をだす。私利私欲の政権運営をして、疑問を持たれることについては丁寧に説明すると言いながら、いつも問題点をはぐらかして疑問に真剣に答えない。こういう政治屋には反対意見としてヤジが出るのは当然である。だから、安倍一派は特高警察で国民を抑えるしかないと考えたのだろうか?

令和元年7月15日、安倍総理が日本を立派に戦前の暗黒時代に戻した。

大浜探検その2

f:id:battenjiiji:20190717194716p:plain

赤ピンからスタートして赤ピンに戻るコース。距離3.13km、上昇高度45m、所要時間1:06:58、天気曇り、温度23度、湿度94%

昨日の大浜探検は海岸線を中心に行ったので、今日は大浜の山手の方を探検することにした。山手の方へ進んでいくと「遺跡発掘調査中」という看板が立てられた現場があった。この大浜一帯は縄文時代弥生時代の遺跡が確認されており、その遺跡の再調査が行われているということであった。

f:id:battenjiiji:20190717202641j:plain

令和元年度 大浜遺跡発掘調査現場

昭和37年の大浜遺跡調査では弥生時代(およそ2000年〜1800年前)の12体の人骨と副葬品が発掘されている。また、同時に牛の歯も出土した。日本列島に本格的に牛馬が移入されたのは5世紀以降のことであるから、本土より先に大浜遺跡から牛の歯が出土したことは、大浜遺跡が大陸や朝鮮半島との間に深い交流があったと見られている。今回の発掘調査の成果にも期待したい。

f:id:battenjiiji:20190717204941j:plain

昭和37年発掘調査を基に建てられた「古代牛骨発掘地」記念碑

 

山道を登っていくとお寺に突き当たる。町内にある真言宗の寺院である紫雲山来迎院である。

f:id:battenjiiji:20190717210250j:plain

紫雲山来迎院 山門

参道の石段を登っていくと立派な山門が建っている。この山門を通って本堂へ向かうことになるが、この山門は同時に鐘楼を兼ねた作りになっている。頭を梵鐘にあてないように注意して山門を潜る。

 

f:id:battenjiiji:20190717211426j:plain

熊野神社

お寺の隣は熊野神社である。歴史を感じさせる鳥居や狛犬であるが、神社境内はきれいに掃き清められていた。大浜町民が氏子として代々お祀りしてきた神社であることがよくわかる。

f:id:battenjiiji:20190717212942j:plain

明治二十七、八年戦役凱旋記念碑

境内には多くの石碑が残されていた。その一つは「明治明治二十七、八年戦役凱旋記念碑」と刻まれていた。これは日清戦争の従軍兵士の帰還を祝って建立された石碑で、大浜町内からも多くの若者が従軍したことがわかる。

 

f:id:battenjiiji:20190717215013j:plain

木槿「むくげ」

山手の住宅地を歩いていると庭先にいろんな花が見られる。ひまわり、ブーゲンビリアなど見事に咲いている家があった。その中で、今日の一枚はムクゲである。私の好きな木槿は、韓国の国花と言われてるくらい韓国ではよく見る花である。

 

f:id:battenjiiji:20190717220109j:plain

ボケ封じ観世音菩薩

今日の探検で有難い大発見をした。それは紫雲山来迎院の境内を歩いている時に発見した「ボケ封じ観世音菩薩」様である。この菩薩様はボケ封じに大いにご利益ありと書かれていた。これから機会あるたびにお参りしようと思う。